2013年04月05日

恐怖

先日約7年ぶりに歯を抜きました。

左上の親知らずです。

以前通っていた歯科で右上下の親知らずを抜いて「左の親知らずも抜きましょうね」と言われ、下の親知らずを抜くのがあまりにも痛かったのでその歯科に行くのを辞めてしまいました。
(当時左の親知らずは痛くなかったので)。

ところがこの親知らずが月日が経ち虫歯になってしまい、「抜くのは嫌だ!」と言って治療して銀歯を埋めてもらったのですが、

3ヶ月で1回、1週間で1回、1週間で1回と短期に3回も取れたのでさすがに歯科を変えて新しい先生に見てもらいました。

すると虫歯がかなりひどい為「抜いたほうがいいですよ」と言われ、抜くことに…。

あの時逃げなくて抜いてもらっていれば…と、後悔(T_T)。

その日は歯を抜く心の準備が出来ていなかったので、次回抜くことに。

日にちが近づいてくるにつれて以前の痛い記憶がよみがえりドキドキしていましたが、

「これで歯を抜くことはもうないだろう」と腹をくくり当日を迎えました。

椅子に座って麻酔を打ち作業はものの5分で終了。

「早っ!」と思いつつも「終わった〜」と喜んでいると

「抜いたところが落ち着いたら下も抜きましょうね」って…。

「ひぇ〜!」やっぱり虫歯になっていました(T_T)

下の歯はそう簡単にはいかないだろうと思うと、またしても恐怖の日々が始まります(ToT)

byもとらがーまん

















posted by 蔵人 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。